料金の矜持が特殊|ソープランドでちょっと上の風俗遊びをしよう!

ソープランドでちょっと上の風俗遊びをしよう!

料金の矜持が特殊

メガネをかけて読書している人

来たぜ!吉原ソープランド!感動はそこそこにまずは入りたいお店を探してみましょう。いろんなお店がありますが、そのすべてがソープランドです。
ただ、ソープランドには格安店やら大衆店やら高級店といったランクがあり、それぞれ値段が変わって来ますので考えもなしに入ってしまうとお財布てきに泣きながらお店を後にするという事にもなりかねません。
お店のランクは実は外観や内装からでも判断が可能です。明らかに高級店は近寄りがたいほどの高級感が出ています。
それになにより値段が全く変わって来ます。
そう。値段!まずソープランドを利用する際にはこの値段の表示について勉強しておきましょう。
ソープランドでは値段表示が特殊なので、ここを知っておかないとランクを見極めたとしても嗚咽を漏らしながらお店を後にするという事にもなりかねません。

ソープランドというのは泡の国と呼ばれているだけあって、お風呂屋さんとしての建前があります。お店にもよりますが、基本的にお店の受付で「入浴料」というのを払います。
例えば格安店ならだいたい1万ほどの表示があり、なんだ諭吉でイケるのかと諭吉さんを一枚だけ持って入るとさあ大変。女の子と会ったとき「サービス料」というのを渡さないと行けないのです。
その金額は入浴料の2〜3倍と言われていますのでここで2万ほどが飛んでいくとうことに。諭吉ー!とさけんでも仕方ないので、そういったものがあるとあらかじめ理解して臨むことが大切です。